So-net無料ブログ作成

第二回目、市民企画講座終了 [市民講座]

今回は、年長さんから小学5年生さんまでの皆さんにご参加いただいています。
保護者様がフォローしてくださっている中で、わいわいやっています。

一回目の前回の講座では、
脳について学び、自分をみつめる大切さ、仲間をみつめる大切さを学んでいただきました。
なぜ?どうして?と、じぶんのあたまでかんがえることがたいせつ!ということを伝えました。

二回目の今回の講座では、
次のような目的を子どもたちに共有していただきました。

目的(もくてき)・・・つぎのことを知(し)りましょう。
■ふしぎなせかいは、にちじょうせいかつにかくれている! 
■しっているせかいをひろげると、たのしい!やうれしい!がふえる!

まず、実験の前にどのようになるかを予想していただきました。
シンプルですが、二種類のなじみ深い粉を使って、異なる割合で水に溶かしていきます。

ちょっと、面倒に思えるかもしれませんが、
ひとつひとつ順番に丁寧に作業する大切さ、
算数の力、イメージする力、
チームで学ぶこと、異学年で一緒に学ぶこと、

を大切にしていただきたかったので、2チームに分かれて実験していただきました。


五感をフル活用して、
自分のココロとカラダで真実の世界を発見していただきました。


今回の実験では、視覚、聴覚、触覚(皮膚感覚)をフルに活用して、
これまで知らなかった世界が、身近な日常生活の中に隠れていたことに、
きっと気づいてくれたのではないでしょうか?

今後の、学校の学習で、どうしても苦手になりがちな理科と算数。
この2教科の学習がきっと、今後スムーズに進むのではないかと思います。

自分の五感で学び、それが、脳に鮮明なイメージとして印象づけられるからです。
割合の概念や、粒子のレベルでの物質観のタネを植える講座として設定しました。

じっくり考えたり、意見交換しながら学ぶためには、ほんとうは90分欲しいところですが。


ちょっと慌ただしいながらも、
みなさんに毎回の講座で、
何か学んでいただき、
講座前よりも講座後には、
ココロとカラダが一回り
大きく成長されるように努めています。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。