So-net無料ブログ作成

『ポケットのはらうた』くどうなおこ 童話屋 [読書]

『ポケットのはらうた』くどうなおこ 詩 ほてはまたかし 画 童話屋

普通の大きさの本たちに囲まれた、
ひときわミニサイズの本が一冊目にとまり、サッと手に取った。
表紙には、やんちゃそうだけど笑ってるかわいい黒光りのカマキリ。
赤と緑のきれいな色合いの間に存在感を示していた。
ときには、癒し系もいいかもしれない。

教材開発のために、何か、良いアイデアがもらえるかもしれない。


内容は、
風、木、鳥、虫など、それぞれが主人公の詩の競演だった。
けやき、かたつむり、かまきり、ふくろう、無生物も生物もひっくるめて、
一字一字にまでとことんこだわって、詩が編まれていることに気づく。

個性的なキャラクターぞろいで、癒された。
そっか、あの粋な表紙で存在感を放っていたカマキリは、かまきりりゅうじだったのか。
おれは、○○だぜ、と連発するかなりやんちゃなキャラだったことが判明した。
さらに、後には、甘ったれで照れ屋さんでもあるらしいことが判明した。
なかなか、複雑な心の持ち主の模様。


ほてはまたかしの画とのコラボレーションがこれまた素晴らしい。

====================================================================
のはらうたの仲間たち、みんな個性的ですてき。
その中で、個人的に、特にいいなあっすてきねえって感じたのは、以下の作品。

p8、かぜみつるさん、「「し」をかくひ」
p34、からすえいぞうさん、「ひかるもの」
p48、うさぎふたごさん、「おしらせ」
p60、いけしずこさん、「えがお」
p70, にじひめこさん、「おいわい」
p94、こぶたはなこさん、「こうきしん」

p104、おけらりょうたさん、「おやすみ」








nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。