So-net無料ブログ作成

面白くてたまらない算数の問題に触れる [探Q舎]

算数好きにはたまらない類いの問題。
算数、一言で言えないくらい、奥深い世界が、たしかにあります。

そもそも算数嫌いってほんとうに存在するのか疑わしいと思っています。
ついでに言うならば理科嫌いも同じですが。

きっと、どこかの段階で不幸にも嫌になってしまうのでしょう。
どこかの段階でその面白さがうまく伝わらなくなってしまうのではないかと。


今週の「考える力」の授業では、
ステップアップ方式で、
同じような思考が求められる基本的な問題ををいくつか先に経験してもらった後、
最後に算数オリンピックの問題をひとつだけ行いました。

ぐーっと考えていました。
そして、粘り強く計算をくり返しくり返し、答えを出そうと頑張っていました。
しばらく、介入せずずっと様子をみていました。
このように全力で頑張る経験をすることにこそ意義があると考えるためです。


時間的な調整のため、結局は、最後に介入することになってしまったのですが、

最後になぞが解けたときは、
「あっ!!そっか!そういうことか!してやられた!!」と驚いた表情で。
でも、スカッとしたようで、ご本人の頭の中でたしかに一つステップアップできたと思います。

今回も、なかなかの手応えでした。
とっても良い表情でした。
嬉しさ半分、悔しさ半分、しかし、とても良い晴れやかな笑顔でした。


算数の面白さを知っているお子様には、より上質かつ高度な問題を提供したいです。
算数にまだ慣れていないお子様には、まず簡潔かつ上質な問題を提供したいです。


上手く解く方法はないか?
楽して解答に辿り着く方法はないか?
効率よく解くには?

考える力を身につけることを目的とした、『考える力』の授業では、
よい意味でサボる心、省エネの心も必要です。

まじめに粘り強くじっくり考える力も重要ですが、
その一方で、どうするのが最短コースか、
省エネでゴールまで辿り着ける最短コースの道を模索することもやはり重要に思います。


===================================================================
気に入ったお子様は、お家の方に、この問題を解いてもらうと話されていました。
大人でも、なかなか楽しめると思います。
お子様から、算数の問題が出されるかもしれませんが、どうぞ真剣にトライをお願いします。

親子で探Q、ご協力のほど宜しくお願いいたします。




nice!(0)  コメント(0) 

コミュニケーション、コラボレーション [探Q舎]

いろいろな世界で、コミュニケーション、コラボレーションが叫ばれていますね。

政界も揺れていますが、
植物もコミュニケーション、コラボレーション。


粘液性の液を葉が分泌することにより、虫を捕らえる食虫植物モウセンゴケ。
その名の通り、葉の長いナガバナモウセンゴケは、葉が大きいので、
トンボ、チョウ、ハエなども捕まえることができます。

大きい獲物のときは、尾担当、羽担当、足担当といったように、
数枚の葉がみごとなコラボレーションでもって、獲物をゲットします。

葉と葉同士も会話、協力しているのですね。

====================================================================
人間の世界だけではなく、
動物界も、植物界も、
そのまた小さな世界の、いきものを構成する命の最小単位の細胞の世界にも、
細胞と細胞との間にコミュニケーション、見事なコラボレーションがあります。

こちらはまた、別の機会に。




nice!(0)  コメント(0)