So-net無料ブログ作成

解き放ちましょう♪ [探Q舎]

「最近ずっと満点ばっかりですっ」
「先生、一体どこのスイッチ押したんですか?」


いえいえ、こちらは何もしていないですよ。
スイッチはきっと、自分自身でしか押せないのではないかと。


それに、学校の勉強を塾で行ったことがありません。



こちらは、直接スイッチをONすることはできないですが、
子どもたちの精神を解放するような方向に持って行くことができます。


本来、学びは、束縛や制限とは無縁であり、解放的なものであるはず。



子ども達の学びの精神を解き放つこと。

学びは、自分の手で、自分の頭で、自分のカラダで、創造するものだ!

子ども達がこの新事実に気づいてくれれば、

こちらのミッションの殆どは完了!!
と言っても言い過ぎではないように思います。











nice!(0)  コメント(0) 

思考の整理学   外山滋比古   ちくま文庫 [読書]

『思考の整理学』   外山滋比古   ちくま文庫

外山滋比古博士は、大正12年生まれ。
2017年にも多くの著書が出版されている。
日本の英文学者、言語学者、評論家、エッセイスト、文学博士。
知の巨人と言われる。


『考える力』の授業について戦略を練る中、
『思考の整理学』を再読。
20年前頃に読んだ本だけど、色あせてはいなかった。
1986年発行の本であるものの、普遍的で本質的な内容が簡潔明瞭に記述されているため、
現代も人気が続いているもよう。



子ども達の教育目線からだと、
以下のセクションがとりわけ重要。

「グライダー」
「不幸な逆説」
「ホメテヤラネバ」
「知恵」
「第一次的現実」
「既知・未知」
「拡散と収斂」
「コンピューター」


著名な本なので、図書館にもきっとあると思う。
教育や子育てに関わる人たちには、ぜひ上に挙げたセクションだけでも読んで欲しいと願っている。




これまで、グライダー人間しか創ってこようとしなかったから、
創ってこれなかったから、急に完全な飛行機人間を創るのは難しいかもしれない。
しかしながら、グライダーにエンジンを搭載することは可能である。

飛行機人間を目指して、まずは、エンジンを搭載するところから始めよう。

収斂的思考ばかりでなく、拡散的思考をも身につけて創造的人間になろう。




====================================================================
→→→→→→→→→→

未来の巨人たちへ!!

まずは、エンジン搭載からはじめよう。
収斂的思考だけでなく、拡散的思考を身につけよう。
グライダー人間ではなく、飛行機人間になろう。


飛行機人間を目指す子ども達、
ぜひ、探Q舎へ!!



nice!(1)  コメント(0)